「樹脂の涙」開発の背景

プラスチック製品ものづくりにおいて、
「そのものの素材だけで製作したい」
「透明感のある加工をしたい」
といった声が聞かれます。

そこで、特殊なブレンド液を媒体に熱可塑性樹脂材を常温のまま液体化し、極力環境害の無い媒体を使うというコンセプトの中「樹脂の涙シリーズ」を開発致しました。

 

製品の特徴

常温で液体の状態を保持します。媒体液が気化した後は純度の良い樹脂成分が固化します。「樹脂の涙」はPMMA(アクリル)、PC(ポリカーボネート)ともに、透明な透き通った液体です。

 

技術解説

PMMA(アクリル)、PC(ポリカーボネート)樹脂は、吸水性の高い素材です。
「樹脂の涙」をパーツにワークする際、液体~固化する過程で湿度(水分)を吸収すると白化、クラックの要因となり、透明感のある施工が出来ません。

これは、射出成形の技術にもある通り「予備乾燥工程」で、水分率を0.02%以下にして物性の低下を防止する目的と同じです。
※詳細、各樹脂材の吸水特性は、 射出成型、押し出し成形等の成型条件をお調べ下さい。

よって「樹脂の涙」を使用して製作する際は、パーツ材料の充分な「予備乾燥」と、低湿度環境を整えて行って下さい。きれいに透明のまま固化させるには「予備乾燥」と「湿度の少ない環境」が重要です。また、簡単に乾燥が行える乾燥キットも販売しておりますので、お買い求めください。

 

「樹脂の涙」製品紹介